核酸って一体何?どんなニキビに効果的なの?

核酸が肌に良いの?

核酸って聞いた事ありますか?

実は核酸って遺伝子情報の入っているDNAやRNAを源となる成分です。
この成分は前回紹介した葉酸から作られています。

 

で、この核酸はなぜニキビに効果があるのかを説明していきます。
まず、核酸は細胞の再生を促進する働きがあります。

 

例えばニキビの症状にもよるのですが、化膿してしまったニキビ
であった炎症してしまったニキビって言ってしまえば細胞がバラバラになって細胞の
形が変形している状態です。

 

では、なぜこのような状況なのに、細胞が復活するのでしょうか?
それは、細胞の再生能力にあります。この細胞がくずれた状態の時に人間はDNAといって
遺伝子の情報が書かれていて、その情報を読み取り肌を回復していきます。

 

その時に必要なのが核酸になります。
もしこの時に核酸が不足している常置であったり、あまりにも葉酸が不足している場合で
あれば、肌の回復がおくれてしまいます。

 

このように核酸は肌の回復にも、重要な役割を果たします。

 

 

その他にもエネルギーの代謝に効果的で、ビタミンBには、B1,B2,B6,ナイアシン、葉酸などの様々な
成分が実はあります。
それらをまとめてビタミンB群といいます。
実は最初は1つと考えられていたビタミンですが、その後いくつか関連したビタミンがある事が発見
され、それらをまとめ、発見した順にビタミンBの下に数字を入れるようにしていきました、
ビタミンB12はビタミンB6より後に発見されたって事です。

 

これらの1つのグループとされる理由

3大栄養素、タンパク質、糖質、炭水化物を体の中で利用する時に上手くエネルギーに変わるように誘導してくれる働きがあります。

 

その効果で代謝がよくなり、老廃物が毛穴から出て奇麗な毛穴になりニキビになりにくい肌になります。
その変わりちゃんと毛孔の掃除はもちろん大切です。
また体内の細胞も整えてくれるので、便秘が原因でニキビになっている人にも効果的です。

 

ただ男性で注意が筆よなのはアルコールと相性が非常に悪くビタミンは普段肝臓で蓄えられます。
しかしアルコールをのむ事でアルコールは肝臓に来ます。そしてその肝臓にきたビタミンは、だんだんと、アルコールから分解されたアセトアルデヒドという物質を放出してこの物質は、体に害のある活性酸素を作りだします。
その結果葉酸が破壊されるだけでなく、肌環境もどんどんと悪化していってしまいます。

 

以外にアルコールって肌への影響が大きいので注意が必要ですね。